オーガニックコスメは、肌に優しい穏やかな効果のもので、敏感肌の人が使うもの、と勘違いされている方もいらっしゃいませんか?
それは大きな間違い! 

人間の体では作り出すことのできない、抗酸化物質を豊富に含んでいる植物を使ったオーガニックコスメは、高いアンチエイジング効果が期待できます。
もちろん、極度の敏感肌で、最後に行き着いたのがオーガニックコスメだったという方もいるでしょう。
オーガニックコスメの中でも、肌の弱い人でも使えるように設計された優秀なアイテムはたくさんあります。
ですが、植物の効果は「優しい」だけではなく、とてもパワフルなのです。
最近の傾向としては、もともと強かった「アンチエイジング」を押し出した製品が目白押し。
これを試さないのはもったいない!

その季節の状態によって摂れる原料が少しずつ違うのもオーガニックならではの特徴。
今年のバラに比べて去年は香りが豊かだった、とはよくある話なんです。
潔癖な日本人にはそういった製品のアンバランスさが嫌、という人はいるけれど、自然の摂理を考えたらごく自然のこと。
ただ、そういった日本人に合わせ、極力そういったことのないように配慮しているメーカーが増えてきました。
しかも、オーガニック植物の原料は高いのが難点ですが、あの手この手でコストダウンを図り、かなりリーズナブルになってきたのも最近の特徴と言えます。


オーガニックコスメの定義とは
オーガニックコスメ市場の難しいところは、認証取得の有無、あえて“オーガニック”とうたっていないブランドが多く存在するところにあります。
“オーガニック”とはしていないけれど、オーガニックコスメのクオリティとなんら変わりなく、素晴らしい効果を持つブランドはたくさんあります。
認証には正直、費用もかかります。
あえて認証を取らない、という確固たるこだわりを持つブランドは存在しているのです。
“オーガニック”に限らず、野生の植物を取り入れているブランドもあります。

ボタニカル
ボタニカルとは「植物の」または「植物物由来の」という意味です。

ヘアケア用品だけではなくファッションやインテリアまで広く用いられる言葉です。
『オーガニック』とは、有機体と言う意味で、化学肥料や農薬を使用しないで作った野菜、添加物を入れていない食料品などを指す言葉として農業からきた言葉です。


ボタニカルは直訳すると“植物の”という意味になります。
自然由来のもの、また自然をモチーフにしたものなどがボタニカルと呼ばれているようです。
花やグリーンなど、ボタニカルを取り入れたライフスタイルは“ボタニカルライフ”とも呼ばれます。
ボタニカルとは“植物の”“植物学の”という意味です。
つまり、ボタニカルシャンプーとは“植物由来の成分が多く配合されたシャンプー”のことを言います。髪や地肌にダメージを与えにくいのが特徴です。
ボタニカルシャンプーのような自然派シャンプーには他にも種類があります。

オーガニック』とは、有機体と言う意味で、化学肥料や農薬を使用しないで作った野菜、添加物を入れていない食料品などを指す言葉として農業からきた言葉です。

つまりオーガニックとは農法のことで、オーガニックハーブやオーガニック野菜という言葉は、化学肥料や化学農薬を使用しない農法で生産されたのもを指します。

それが、コスメやシャンプーなどの美容業界に“良い物”“安全”という肩書きを持って入ってきました。

商品にオーガニックと名づけるためには、多くの基準をクリアしなくてはいけません。

まず化学肥料や化学農薬を使わずに栽培することです。
さらに3年間化学肥料や化学農薬を使用していない農地で栽培する必要があります。

ヘアケア用品では、オーガニック農法で生産された原材料の成分を配合しているものを指します。

オーガニックシャンプーとは
オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わずに植物や農産物を育てることを言います。



つまりオーガニックシャンプーは、オーガニックの植物を原料に作られたシャンプーということですね。
植物由来であることは変わりませんが、使われている原料がオーガニックという点はボタニカルシャンプーと違う点です。
ノンシリコンシャンプーとは
名前の通り、シリコンが入っていないシャンプーのことです。
シリコンは髪の洗い上がりを滑らかにするための成分として配合されているものですが、髪や頭皮に残りやすく、抜け毛に繋がったりトリートメントの浸透を妨げる原因となります。
髪や地肌に優しいのはボタニカルシャンプーと同じですが、ノンシリコンシャンプー=植物由来のシャンプーではありません。