美容技術理論2⑤Vol1 - 穴埋め用語
2016/3/28配信
用語の解説の( ★ )になっている箇所に当てはまる正しい選択肢を選びましょう。

Q1

【日本髪各部の名称】

よみにほんがみかくぶのめいしょう
日本髪は、基本的に前髪まえがみ、左右の鬢びん、髱たぼ、髷まげの5つの部分から構成されている。

●島田における各部の名称は以下の通り。・1)( ★ )、2)髱、3)髱山たぼやま、4)髱先たぼさき、5)鬢、6)鬢窓びんまど、7)鬢尻びんじり、8)前髪、9)髷、10)前髷まえまげ、11)後髷うしろまげ(いち)

根ね
簪かんざし
袷あわせ
教科書ココをチェック

10章 > 2節 > :日本髪の各部の名称

Q2

【日本髪の種類】

よみにほんがみのしゅるい
現代でも残っている、日本髪の代表的な髪型は以下の通り。

●「稚児髷ちごまげ」 子どもの七五三などに用いられる。 
●「桃割ももわれ」 左右に毛を分けて輪にし、後頭部で結び髷をふくらませた少女向けの髪型。 
●「銀杏返いちょうがえし」 髷の上を2つに分け、左右に曲げて半円形に結んだ髪型。 
●「唐人髷とうじんまげ」 桃割れと銀杏返しをいっしょにしたような形。江戸末期からの少女向けの髪型。 
●「高島田たかしまだ」 日本髪の中で最も代表的で種類が多く、未婚者髷とも言われる。 
●「結綿島田ゆいわたしまだ」 ( ★ )を低く結ったつぶし島田の一種。 
●「丸髷まるまげ」 明治時代には既婚女性の印のようになり、多くの型ができた。 
●「天神髷てんじんまげ」 銀杏返しの変形。

鬢びん
島田髷しまだまげ
簪かんざし
袷あわせ
教科書ココをチェック

10章 > 3節 > :日本髪の種類と特徴

Q3

【日本髪と調和】

よみにほんがみとちょうわ
調和のとれた日本髪をつくるために必要な要件は以下の通り。

●前髪の張り出しは鼻の高さと同じ線にそろえる。 
●鬢びんの下端が鼻翼びよくと同じ位置にくるようにする。 
●髱たぼの下端は顎あごの位置にそろえるか少し上がった位置にくるようにする。 
●全体に線のくっきり出た「( ★ )髪」と、全体にふっくらした感じの「上品な髪」がある。

粋いきな
ソフトな
丸い
すっきりした
教科書ココをチェック

10章 > 4節 > :日本髪と調和

Q4

【かつらの扱い方】

よみかつらのあつかいかた
かつらを扱う場合に注意するポイントは、以下の通り。

●かつらの下地の作り方 
●かつらのかぶせ方 
●飾りの付け方 
●角隠しの付け方 
●( ★ )の位置 
●かつらの外し方 
●かつらの持ち方 
●かつらのしまい方 
●かつらの手入れ

顎あご
筥迫はこせこ
簪かんざし
末広すえひろ
教科書ココをチェック

10章 > 9節 > :かつら

Q5

【礼装】

よみれいそう
和装の礼装には次のようなものがある。

●女子は、未婚の場合は振袖、既婚の場合は留袖で、生地には緞子どんす、紋綸子もんりんず、縮緬ちりめん、夏物では( ★ )や紗しゃが用いられる。
●男子は黒羽二重はぶたえ五つ紋付もんつき羽織はおり・袴はかま。夏向きには( ★ )を用いる。 
●着物全体に模様が配置されている総模様と、褄つまから裾すそにかけて模様のある裾模様がある。

絽ろ
紬つむぎ
上布じょうふ
紗袷しゃあわせ
教科書ココをチェック

11章 > 2節 > :礼装

Q6

【振袖】

よみふりそで
未婚女性の着る格調の高い礼装用着物。

●最も格調高い着物は本振袖。黒地のものを黒振袖、黒地以外のものは色振袖という。 
●裾すそふきと( ★ )ふきが厚く、着物の丈も長く裾を引いて着ることができるように仕立てられている。 
●袖の長さにより大振袖(1m10cm内外)、中振袖(90cm内外)、小振袖(80cm内外)に分けられ、格の差がある。

袖口
比翼
お端折はしょり
教科書ココをチェック

11章 > 2節 > 1項 :女子礼装

Q7

【留袖】

よみとめそで
既婚女性の最も格の高い礼装用着物。

●黒留袖(( ★ ))は結婚式列席の親族、仲人婦人が着用する。 
●黒地や色地の裾だけに模様があるので、裾模様ともよばれる。 
●本来は2枚重ねて着ていたが、現在は比翼仕立てのものが多く用いられる。 
●色留袖は既婚女性に限らず着用できる。 
●黒留袖は染抜きの五つ紋、色留袖は染抜き五つ紋・三つ紋・一つ紋がある。 
●第一礼装には白の半襟を用いる。 
●帯は現在では格の高い袋帯を使用することが多い。

江戸褄えどづま
訪問着
付け下げ
小紋
教科書ココをチェック

11章 > 2節 > 1項 :女子礼装

Q8

【男子礼装】

よみだんしれいそう
男子の第一礼装は、染抜き五つ紋付もんつき、黒羽二重はぶたえの着物と羽織、仙台平などの縞の袴はかま姿が一般的。

●既婚・未婚の区別や慶弔の違いもほとんどなく、婚礼や成人式などに着用されている。 
●礼装には白の半襟をつける。 
●帯は( ★ )を用いる。

丸帯
袋帯
角帯
兵児帯
教科書ココをチェック

11章 > 2節 > 2項 :男子礼装

Q9

【袷】

よみあわせ
10~5月に着用される裏つきの着物。

●防寒やほこりよけのために、この上にコートや( ★ )を着てもよい。

振袖
付け下げ
留袖
羽織
教科書ココをチェック

11章 > 3節 > :着物と季節

Q10

【単衣】

よみひとえ
初夏から梅雨の間、6月中と初秋の9月中に着用される、裏地をつけない着物の総称。

●季節の分かれ目にあたる6月や9月の結婚式には、袷の留袖で出席する人が多い。 
●長襦袢ながじゅばんや半襟は、6~9月の間は( ★ )を用いる。

袷あわせ
紗袷しゃあわせ
絽ろ
上布じょうふ
教科書ココをチェック

11章 > 3節 > :着物と季節

Q11

【準礼装】

よみじゅんれいそう
色無地紋付き、訪問着、( ★ )など、未婚・既婚を問わず着用できる。

●羽織の黒紋付きは、小紋、縞しま柄などの着物と併用して準礼装とする場合もあるが、あくまでも略装である。

留袖
振袖
付け下げ
紬つむぎ
教科書ココをチェック

11章 > 4節 > 1項 :準礼装になるもの

Q12

【小紋】

よみこもん
小さい模様を布地全体に型染めしたもの。

●現在では型染めの模様は、その大小にかかわらず小紋とよんでいる。 
●( ★ )小紋は、一見無地に見えるほど細かい柄で、( ★ )時代の武士が裃かみしもに染めたもの。一つ紋を付けると、色無地と同格になり、準礼装となる。

江戸
京都
三河
上方
教科書ココをチェック

11章 > 4節 > 2項 :おしゃれ着、カジュアルに着るもの

Q13

【紬】

よみつむぎ
真綿から手紡ぎされた紬糸で織られた絹織物の一種。

●外見は木綿のようだが軽くて強い。 
●絣かすりや縞しま模様が多く、絵模様は少ない。 
●高級品でも礼装や準礼装にはならず、趣味的なおしゃれ着として着用される。 
●( ★ )の紬は初夏(6月)、初秋(9月)に着用される。

絽ろ
紗袷しゃあわせ
袴はかま
色無地
教科書ココをチェック

11章 > 4節 > 2項 :おしゃれ着、カジュアルに着るもの

Q14

【帯の種類】

よみおびのしゅるい
材質や柄や仕立て方によって格や用途などが異なり、柄のつき方によって全通と六通がある。

●全通は帯全体に柄があり、六通は胴の巻き分の長さに柄の入っていないもの。 
●丸帯まるおび:帯地を一幅丸ごと使って仕立てた帯。帯幅が普通の2倍に織られているので広帯ともいう。幅70cm、丈4.2m前後。最も格調が高く、主に花嫁衣装に用いられる。 
●袋帯ふくろおび:帯地を袋状に織る、または表地と裏地を袋状に仕立てた帯。幅30cm、丈4.5m前後。丸帯の代用に作られたもので、礼装用から外出用まで用いられる。 
●( ★ ):お太鼓になる部分を普通幅に、胴に巻く部分を半幅に仕立てた帯。帯地には織りと染めがある。訪問着から外出用まで用いられる。 
●このほか袋ふくろ( ★ )、半幅帯はんはばおび、細帯ほそおび、腹合はらあわせ帯おび、角帯かくおび(男性用)、兵児帯へこおびなどがある。

博多帯はかたおび
名古屋帯なごやおび
京帯きょうおび
江戸帯えどおび
教科書ココをチェック

11章 > 5節 > 1項 :帯の種類

Q15

【着物の小物】

よみきもののこもの
和装着付けの際に用いる道具や装飾品。次のようなものがある。

●帯締め:帯がほどけないように帯の上から締めるひもで、凶事用には主に黒を用いる。 
●帯留め:帯締めにつける装飾品。法事・弔事には使わない。 
●帯揚げ:( ★ )の上にかけて用いる。着物や帯の色に合わせる。慶事には白無地を、喪服用は黒または白無地を用いる。
●しごき(扱しごき帯):花嫁衣装や七五三女児の祝着などの礼装に用いる飾り帯。 
●抱かかえ帯(平ぐけ帯):しごきと同じ用途に使う帯の一種。 
●懐剣かいけん:婦人の護身用短剣。錦織の袋に入れて懐中に携えるもので、花嫁衣装で用いる。 
●末広すえひろ:扇子の別名。慶事に用いられる。 
●筥迫はこせこ:懐に挟んで持つ装飾具。現在では花嫁や女子の七五三に用いられる。

帯枕
帯板
帯袋
細帯
教科書ココをチェック

11章 > 6節 > 1項 :小物の種類

Q16

【花嫁衣装の小物】

よみはなよめいしょうのこもの
花嫁衣装の小物には、( ★ )、末広すえひろ、筥迫はこせこなどがある。

●( ★ )は知恵とやさしさと覚悟を表す。 
●末広は新しい家庭が末広がりに栄えることを表す。 
●筥迫は女性のための小さな七つ道具を納める。

懐剣かいけん
帯留め
抱かかえ帯
打掛うちかけ
教科書ココをチェック

11章 > 6節 > 1項 :小物の種類

Q17

【着物のたたみ方】

よみきもののたたみかた
( ★ )だたみと夜具だたみがある。

●( ★ )だたみは最も一般的なもので、訪問着や付け下げなどはこの方法でたたむ。 
●夜具だたみは、花嫁衣装、振袖、留袖などに行う。着物のしわを最小限に抑えるたたみ方。 
●長襦袢ながじゅばんには長襦袢用のたたみ方がある。

教科書ココをチェック

11章 > 8節 > :着物のたたみ方

Q18

【着付けの要領】

よみきつけのようりょう
和装に必要な着付け技術の要領は次のとおり。

●目的、場所、季節等を念頭に置き、礼装か準礼装かを考え、生地、柄、配色を選ぶ。 
●着くずれしないようひもの位置に注意する。 
●ひもの結び目が( ★ )部やミズオチの中心部にあたらないように注意する。 
●留袖などの場合、紋や模様の主要な部分が隠れないよう注意する。 
●全体の調和をよく考える。 
●その人に合った補整をし、美しい体型を作る。

心臓
肝臓
教科書ココをチェック

11章 > 9節 > :着付けの一般的要領

Q19

【和装花嫁】

よみわそうはなよめ
現在の花嫁衣装には、白( ★ )(白無垢しろむく)、色( ★ )などが用いられる。

●江戸時代に入り武家婦人の礼装用になったものを、中期以降に財力のある商家等が真似て花嫁衣装に用いるようになった。

留袖
紬つむぎ
付け下げ
打掛うちかけ
教科書ココをチェック

11章 > 17節 > :和装花嫁
スポンサードリンク